反抗期息子との毎日の奮闘記。 逃げ出したい毎日(>_<)

お一人様日記

自分と向き合う時間

安室ちゃんに会いたい!

安室ちゃんが、9/20の40歳の誕生日に、来年9/16での引退を発表した。

私の青春時代は、アムラーファッションが流行り、高校生の私も厚底ブーツを真似た。

スーパーモンキーズ時代の可愛い安室ちゃん。SAMさんとの結婚発表会見。NHK紅白でCan you celebrate?を歌った妊婦の安室ちゃん。ダウンタウンの歌番組でのトーク場面…過去のTVの映像が思い出される。

安室ちゃんは、きっと私生活では色々な困難があったんだろうな…

お母さんと息子さんへの想いが込められたタトゥー。どうして刺青っていけないのかな⁇

タトゥーはファッション的な感じしかしないけどな〜

自分のカラダに刺青を入れる痛みは想像も出来ないけど、世の中には刺青を入れる事で、一枚の鎧を被っているような、自分が強くなったような、そんな気持ちで生きている人もいるように思う。

私は、いつかは、安室ちゃんのコンサートに行ってみたい!と思っていたが行った事はない。

まさかの安室ちゃんが引退((((;゚Д゚)))))))

去年、コンサートの抽選応募を見て応募してみようか迷ったあげく、疲弊してたし、1人で行く勇気も無かったので応募しなかった。

あと1年しか、チャンスがない。

安室奈美恵のコンサートに行きたい❗️

一度で良いから、安室ちゃんと同じ空間を過ごして、生の安室ちゃんのパフォーマンスを拝見したいな(^^)

コンサート情報が出たら、チケット入手出来るように頑張るぞ‼︎

安室ちゃんの生き様カッコ良すぎます☺️

Are you happy?

先日、久々に、赤ちゃんを間近で見る機会がありました。11ヶ月の男の子(*^^*)

2時間弱しか同じ空間で過ごせなかったけど、
周りの大人から声をかけられ、終始にこやかな笑顔を振りまく愛らしさ☺️
しかも、TVのCMに出れるんじゃない⁇と思えるお顔立ち✨

うちの子にも、赤ちゃんの時期があったんだな〜〜〜

同時に、生後7〜8ヶ月頃の我が子のブサイクさも思い出されます^_^;

赤ちゃん連れで出掛けると、なぜか見知らぬ人からも「かわいいね〜」と声を掛けられたものです。

しかし、生後7〜8ヶ月頃の我が子は「丸々してるね〜」と声を掛けられる事はあっても決して「かわいい」の言葉は掛けられなかったな〜

息子はその頃、母乳&離乳食でしたが、まだハイハイ出来ず、バタついたり、うつ伏せになる事しか出来ませんでした。栄養摂取量の割りに活動量が少なかったため、太ももにはお尻みたいな割れ目が入ってて、顔も体も全身ムクムク状態。

自分の子どもを眺めながら、可愛くないな〜と笑えたものでした^_^;

そんな息子も、今では中学生。少しは自分の人生を模索してくれてるのでしょうか。。。

あの頃の私は、まだ人生についてなんて、深く考えてなかったな…💧

目の前の事しか見てなかったな…😓

思い出と言えば、小中学校の給食で食べていた”きな粉のついた揚げパン”が大好きだったな☆彡という事でしょうか。

もう、あの頃に戻る事は不可能だわ(b_d)

やっぱりあの揚げパン美味しかったなぁ〜⤴︎⤴︎

”Are you happy?”

久々に思い浮かんだこの言葉。

10年以上前、たまたま読んだ本に書いてあったこの言葉。時々、自分自身に問いかけようと思った言葉。

離婚したばかりの私は”いつでもYesと答えられる自分でいたい”と思ったのでした。

今は、どうかしら⁇

色々と大変ながらも…自己選択の上、自己決定しながら生きている。何にも束縛されない私は、ある意味、自由な身。

結婚して初めて感じた見えない束縛。
あの頃を考えると、今は幸せだな☆

結婚を悪いモノとは言わないけど、幸せを願って結婚するのに、なぜ、お互いを傷めつけ合う仲になってしまうのか。

子どもが居ない場合は2人だけの問題で済むけど、子どもが居る場合は、我が家のように何も悪くない子どもが犠牲者になってしまう。

今、私は幸せと思えても、きっと子どもは思えないだろうな…。

幸せと思える基準が人それぞれ違うから。

若い頃みたいに欲しい物が無い私は、以前より幸せ基準が低くなったのかもしれない。

みんながそれぞれに幸せと思って生きていけたら、こんなに喜ばしい事はないだろうな…

「学校は後で行く」

自分の意思で中学校に遅刻して行くと言う息子

またかぁ〜〜
私としては考えもしない発想であり行動です。

昨夜、時間割を見ながら「明日は遅れて行く」と言ってきたため、朝もう一度息子に確認しました。

やっぱり息子の意思は変わっていない…

これまでも度々同じような事がありました。

以前の私なら「なんで行かないの?」「起きれば間に合うんだから行きなさい!」と怒り口調に豹変。とにかく学校に行かせようとの思いから、息子とバトル。身体が大きい息子を、ロフト式のベッドから、振り落としてでも起こそうと頑張った事もありました。

しかし…やればやるほど駄目。

言い合いの末に「学校行かない」と言い出す始末。

学校の先生方は、この半年間の我が家の様子をみて、こう言ってくださったのです。

”普通ならあまい対応だけど、本人が「後で行く」と言うならば大目に見ても良いのではないか”

この言葉が脳裏をよぎり、私は学校に遅刻する旨の連絡をしました。

電話口に出た先生は、学年主任の先生でした。

先生は、転校してきた際に色々と話しを聞いてくださった先生で、息子の事を理解されているご様子。

とても言える理由じゃないため「今日は遅れて行くと言っているので遅刻します」と、先生が心配しないように遅れる事だけを伝えると、先生の方から「昨日は撮影にでも行かれたのですか?」と聞かれてしまいました^_^;

うちの息子は写真を撮る事が趣味で、
帰りが遅い➡︎寝不足➡︎遅刻という悪循環なのです。

学校に行けないなら趣味に行ったら駄目と言えば、学校にすら行かなくなる。

こんなやり取りを幾度となく繰り返し現在に至っています。

何が一番良いのか分からないのですが、今は何を言っても素直に聞く様子はありません。

先生から撮影にでも行かれたのですか?と聞かれて、息子はカメラマンみたいだなと1人で可笑しく思いながら仕事をしていたのですが、帰ってきたら息子の自転車はありません。

学校には行かず、また撮影に出掛けていたのでした。

中学生とは

通帳の使い方を知らないのに、とにかく出掛けたい一心で私の部屋から通帳を持ち出した息子。


こちらがその内容です⬇︎
http://tk0925.hatenablog.com/entry/2017/09/07/212235


以下がラインでのやりとり。

私:通帳が無くなってる

子:万が一考えて持ってった

私:わかった。それならいいけど、おろし方わかる?

子:通帳入れておろすをおすんでしょ

通帳を入れておろすを押せばお金が出てくると思ってる⁇

持って出掛けたはいいけど、使い方を知っているのかな?と疑問に思い連絡してみたところ、こんな返信でした(笑)

電話してみると、小遣いを少ししか持っていなかったようで「お金をおろさないと帰って来れない」と言います。

暗証番号何だったっけ?

私も息子も暗証番号を覚えていません(>_<)

とりあえず、2人で思い当たる番号を2つ考えてトライしてみるよう伝えました。

思い当たる暗証番号は2つとも違っており、ロックがかかってしまいました^_^;

この日、息子は、帰りの電車代を人から借りて帰ってくる事ができました(>_<)

中学生になってから急に身体が大きくなり、見た目は急激に大人っぽくなりましたが、中身はまだまだ未熟のまま。

取り扱いがとても難しいなと感じる毎日です。

思春期特有のホルモンの関係で、自分自身をコントロール出来なくて、このような衝動的な行動をとっているのでしょうか⁇

いつまで続くのかな…というトホホな気分ですが、子どもの反抗期は、自我の確立のためだと言われるため、きっと必要な時間なのですね。そう言い聞かせないと親にとってもツラい毎日です💧

息子の行動を見ていると、無意識だとは思いますが、私は試されているのかと思えてきます。

今までの子どもの生い立ちを振り返ると、、、

私はシングルながらに頑張って生活を送ってきたつもりですが、子どもにとってみれば、何かが普通ではなかったのかもしれません。

それが、今の摩訶不思議な行動を起こす原因なのでしょう(−_−;)

トホホ…

”本能の赴くままに生きる”

先日の息子の行動が”本能の赴くまま”という言葉にあまりにもマッチしていたため、記事に残しておこうと思いました(^^)

いつかは笑い合える日が来ますように★

夏休みも終盤の出来事でした。
約1カ月間を通して、青春18切符での電車旅を楽しんでいた息子。

青春18切符について⬇︎
2017年度の「青春18きっぷ」の春・夏・冬の発売と利用期間をJR各社が発表 春季の利用期間は3月1日~4月10日で2月20日発売、北海道新幹線オプションもあり - トラベル Watch

散々自由に遊びまわって、切符5日分は使い果たしたとの事でした。

夏休みも残り一週間を切っていたので、”さすがにお出掛けしないだろう”と思った私は、小遣いを渡さずに仕事に出掛けました。

仕事から帰ってみると、息子はいません。

自転車は家に置いたまま。

電車で出掛けたんだな…お小遣いはまだ持ってたんだな…と思いました。

心配して私から連絡しても「いちいちウザい」と言われるので、こちらからは連絡しない事にし、1人時間をのんびりと過ごしました。

お風呂から上がり、自分の部屋に行くと…
なぜか、私のベッドの上に子どもの靴下がありました。

・・・・・・・?

ベッドのすぐ横にはテーブルを置いています。

最初は、”私の部屋に入ったんだな”としか考えませんでしたが、なんとなく嫌な予感…。

テーブルの上に目を向けると…

あっ通帳入れのお財布が置きっ放しだった!

中を見ると…

いつもと入れる場所が違うΣ(゚д゚lll)
でも、何も無くなってない…

今度は別の通帳を保管している引き出しを見てみました。

通帳が1つ無い∑(゚Д゚)

息子はお金の使い方に計画性がなく、貯める事が全く出来ません💧

”もしかしたら、通帳を持たせて数字を確認させれば何かが変わるかもしれない⤴︎”と考えた私は、今年に入ってすぐお年玉の残り数千円で息子専用に通帳をつくりました。

その通帳が見当たらないのです‼︎

中学1年生の時、息子は私のお財布から勝手にお金を盗っていた時期がありました。

千円ずつだったり、小銭を盗っていたりと、
私は時々おかしい…と思いながらも、自分の勘違いかな⁇と思い、3ヶ月か、半年?かは経過していたと思います。

時々息子に聞くと「盗ってない」「知らない」と言っていました。

親のお財布からお金を盗る子どもは意外に多いのかもしれません⬇︎
中学生の反抗期<<お金を盗んだり、万引きをした時>>

ある日、出掛ける時には確実に閉まっていた私の部屋の収納棚。帰ると、なぜか開いていたのです!

「怒らないから、本当の事を教えて」
「もし、違うなら泥棒かもしれないから警察に調べてもらうから」と伝えると、取ったと白状しました。

しかも、一度だけでは無かったと。

やっぱりだったのか⤵︎⤵︎⤵︎

小遣いは渡していたし、子どものためにも頑張って働いているのに。

こんなに悲しく、哀れな事はなかったです😞

その時にお金を盗る理由を考えました。
❶「ちょーだい」と言っても渡さない
❷ 単純に小遣いが足りない
❸ 誰かに脅されていて親には言えない
❹ 盗難癖がある
などが思い浮かびました。

❸だとしたら、取る金額が少な過ぎる。

❶❷は小遣いを上げる事で解決できる。

❹は今の時点では判断出来ない。

考えた結果、ひとまず小遣いUP⤴️し、勝手に盗る事は辞めるよう約束しました。

とても参考になりました⬇︎
https://casy.co.jp/fblog/5742.html

それからは、足りない時には「ちょーだい」と言ってくるようになりました、、、が❗️

小遣いUP⤴️しても足りないとはおかしい‼︎

そう思いながらも、泥棒よりは良いと自分に言い聞かせ、飲食代と言って、小遣いとは別に渡してきました。

そして、今回の行動!‼︎

あれから、もうすぐ2年。
”小遣いが無いから出掛けるのを我慢する”ではなく、”行くために思い当たるモノを探す”とは、、、

結局、息子の思考回路は変わっていないという事ですね(>_<)

憎たらしいと思う毎日ですが、この時ばかりは、自分の世界を思うがままに生きていて可愛いなと笑えました☺️

想像ですが、自分の通帳だから泥棒ではないと思っているに違いありません。

白浜大浜海水浴場 〜海開き〜

今週のお題はてなブログ フォトコンテスト 2017夏」

f:id:tk0925:20170902211209j:plain


http://tk0925.hatenablog.com/entry/2017/08/28/001348

三日坊主でした…

夏休みが明けて4日目🏫
8月31日。息子は”眠い”という理由で、遅れて学校に行くと言い出しました(>_<)
息子:「このまま学校に行っても寝るなら意味ないじゃん」
私:「行く事に意義があるんじゃないの」
息子「勉強しないなら学校に行く意味ないじゃん」

息子は、学校を休む言い訳を次々に並べ立ててきます。一昨日は口論の末、遅刻しながらも自分で登校しました。

担任の先生から、一昨日は4時間授業の4時間目から登校。4時間目の授業を受け、お昼ご飯を食べてから下校したらしいです😵

学校に行くか行かないかで揉めるなんて、低レベル過ぎる😓と思ってしまいますが、現在の我が家にとっては”重要な問題”なのです。

私が学生の頃はイヤな事があっても”休む”という考え自体なく、学校に行くのが当たり前だと思って過ごしてきました。なので、息子の気持ちは私には理解し難い問題です😞

それにしても…平常心ではいられない毎日です。昨年の不登校の時は、精神面を心配する程だったのですが…

4月から転校した中学校について、”勉強は出来ないけど楽しい”と言います。それなのに、また遅刻や欠席の常習者^_^;


*自分と他人の普通はイコールではない*

息子はしょっちゅう「ちゃんと学校行ってるじゃん⤴︎」と口にします。

良い方に目を向けたとすれば、確かに…遅刻してでも登校した日もあるのは事実…ですが❗️
息子は、びっくり仰天する行動を覚えてしまったのです💧

私は初めて知ったのですが、中学校は義務教育。遅刻してでも学校に行けば欠席にはならず、授業毎の単位などは無いらしいのです。

もしかしたら、息子はそんな情報を知り得ていての行動かもしれません。
・お昼ご飯を食べる頃に登校しご飯を食べて午後の授業を受ける
・最後の授業時間に登校する

私にはふざけてる💢としか思えない行動でしたが…スクールカウンセラーの先生からは、私の考え方が厳しいと言われたのです(>_<)

不登校だった子が、中3の4月から転校してきて、学校に来てるんですよ!」

カウンセラーは、不登校だった子が学校に行けるだけでもすごい事だとおっしゃいます。
それなのに、次は遅刻しないように!や毎日行きなさい!とすぐにステップアップさせようとする私の考え方が厳し過ぎるそうです💦
これにはビックリしました。目標達成出来たら次のステップへ進むというのは普通の事だと思っていましたから…。私にとっては当たり前である事も息子にしたら当たり前ではない。世の中で当たり前だと思う事でも当たり前ではないのですね。。。

カウンセラーや担任の先生と話し合って、甘いかもしれないけど、うちの子の場合は、遅刻してでも登校するなら良しとしましょう⤴︎という考えに転換しました。

ようやく4日目について、、、🏫
「寝てから後で行く」という息子の言葉に半信半疑でしたが、私は仕事に向かいました。
4時間授業で間に合わなかったのか寝過ごしたのか欠席していました・°°・(>_<)・°°・。

私は、朝からドタバタ慌てて出て行ったため、帰宅すると、外から玄関ドアに鍵が刺さったまま…💧

”きちんと鍵をかける”まではしてありましたが、鍵を抜く事を忘れて出掛けてしまったという慌しい1日でした。